子供でもあり相棒でもあるペットが、もし歯周病や歯のトラブルを抱えていたら、自分のこと以上に辛くないですか。今回、be-tipsが見つけた「MISOKA for Dog」は、かわいいミトン型歯ブラシ。水をつけてブラッシングするだけの斬新さが、NHK「あさイチ」でも取り上げられました。ものを言わない愛犬の健康維持は、共に暮らすあなた次第です

NHK「あさイチ」で紹介された!
水だけで磨く新しい発想の歯ブラシ「MISOKA」
人気の理由 その3

愛しのペット編

成犬の80%は歯周病、またはその予備軍と言われています。犬においても歯周病は全身の健康を脅かすこわい病気。歯石や汚れを除去するのに全身麻酔をしたり、歯周病の治療では、抜歯のケースもあったり。かわいい愛犬にそんなダメージは与えたくないと、飼い主なら誰もが思いますよね。

「MISOKA for Dog」は、水だけで磨ける歯ブラシMISOK(ミソカ)シリーズから誕生した愛犬のためのミトン型歯ブラシ。製造販売の株式会社「夢職人」が、必要を認めた大阪大学と麻布大学の共同研究の上、スキンシップも楽しめる愛犬用歯みがきグッズを開発しました。価格が高くても売れる人気の秘密 その3は「愛しのペット編」です

悩みが尽きないワンちゃんの歯磨き、
大学との共同研究から生まれたミトン型歯ブラシ

NHK「あさイチ」で、話題の的になったのがその形状。かわいいミトン型の歯ブラシ。

画像: 悩みが尽きないワンちゃんの歯磨き、 大学との共同研究から生まれたミトン型歯ブラシ

実はこのミトン型歯ブラシの誕生にはストーリーがありました。

大阪大学歯学研究科と麻布大学獣医学部による共同研究グループが、イヌやネコの口の中を効率的に清掃するための器具の開発の必要性を感じて、(株) 夢職人に、効果的な清掃器具の作成の提案が持ち込まれました。同社が開発した「プラーク沈着抑制効果」が認められたミネラルコーティング技術が着目されたからでした。

その後、従来の歯ブラシ型の器具では困難である点を洗い出し、愛犬とのかかわり方や習性に着眼し、2年にわたる研究の結果、ミトン型の形状にたどり着いたそうです。

「使いやすい・安心・愛犬へのストレス低減」をテーマに商品開発を進め、口臭や口内の細菌、ブラッシングによる歯垢除去など、科学的な検証も含めて研究を行いました。

ミトン型歯ブラシの使い方は、指にかぶせてマッサージするように

使い方は、ミトン歯ブラシを指に装着し、水をつけ軽く絞った後に、ミトン歯ブラシを指に装着し、水をつけ軽く絞った後に、歯を挟みこんでマッサージするように磨きます。

大型犬は2本、小型犬は1本と、入れる指の本数を調整することで犬種を問わず使えます。

長い柄の歯ブラシではないので「口に異物を入れられる」という愛犬の恐怖心を和らげ、ナデナデしながらスキンシップを楽しみながらブラッシングできます

画像1: ミトン型歯ブラシの使い方は、指にかぶせてマッサージするように

初めて歯磨きするワンちゃんには、「MISOKA for Dogチーズ」と言って、チーズ風味の専用リキッドを、ミトン歯ブラシ本体に、1 ~ 2回プッシュして磨くと、大好きな香りに抵抗が和らぎます。

画像2: ミトン型歯ブラシの使い方は、指にかぶせてマッサージするように

細菌はペットの唾液から、飼い主の口へ
互いの口の中をきれいに保つことの重要性

先の大阪大学大学院・仲野和彦教授によると、「口の細菌は身近で接する人の唾液を介して伝播していきます。口の中の環境が悪化している場合には、容易に細菌が定着します。よって、身近な動物の口の中をきれいにすることは、自分の口の中をきれいにすることにもつながるのです」。

この機会に、自分と身近なペットの両方の口の中をきれいに保つことの重要性を見つめ直し、家族の一員である愛犬の歯も、自分と同じように毎日磨く習慣をつけたいものです。

画像: 細菌はペットの唾液から、飼い主の口へ 互いの口の中をきれいに保つことの重要性

■NHK「あさイチ」で紹介された!水だけで磨く新しい発想の歯ブラシ「MISOKA人気の理由 その1 「親子でツルツル編」はこちらから

人気の理由 その2 「こだわりギフト編」はこちらから

MISOKA 商品についてはこちら

「MISOKA」取扱店舗

MISOKA for Dogお取扱い病院・店舗についてはこちらをご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.